MENU

原則体温で生理間隔って排卵お天道様を知って避妊するには

毎月のメンスはメンドクサイ、、なんて考える事がありませんか?
おなかが痛くなって意欲も憂鬱で毎月のメンスは大いにお断りわ、って思っている人も多い事でしょう。

 

奥様のメンスの頻度をわかり、排卵お日様を予測する事はおめでたを希望する機会、避妊狙うらずいぶん奮戦する。

 

ここでは下地体温といった排卵の縁をわかり安全に避妊望める技術を考えていきたいと思います。

 

奥様の排卵お日様位3お日様はおめでたしやすいので下地体温を測って排卵お日様をあらかじめ先読みすればおめでたを防ぐ事が出来ます。

 

下地体温は奥様の日々の気持ち状態や負荷、実情によっても変動しやすいので下地体温だけに寄りすがる避妊技術はとてもリスクがあります。

 

他の避妊技術という取り混ぜる事で避妊成功率は出るので、朝方起きて毎日下地体温を量る事でメンス頻度という排卵お日様を把握してみましょう。

 

下地体温の規則正しい測り奴

 

下地体温を量るために大事なポイントは、安静にした状態で量る事ですので、朝方起きたら布団から出ることなく直ちに測り作る必要があります。

 

起き上がって体温計を歩いて取り去りに行くようなことを通してはいけませんので、前日に枕元に下地体温計を置いておくことです。

 

目覚めたら側になったときのとおり舌の下に下地体温計を入れて量るようにする。

 

下地体温の測り奴のポイントは、必ず毎朝おんなじ時間に起きて、布団の中で安静にした状態で量ることですが、万が一寝過ごしてしまった時も量るようにしておきましょう。
毎日同じ条件で量ることによって、下地体温を正確に量ることが出来ますので、正しいライフを心がけてまさに測らなくてはなりません。

 

下地体温のグラフという排卵お日様との繋がりと卵胞期、排卵期、黄体期、月経期に関して

 

排卵お日様を推定する技術に関してかねてから用いられている技術が下地体温法だ。

 

一旦、卵巣内で卵子が成熟して排卵の準備をするのが卵胞期だ。

 

こういう年月は下地体温も低めになります。

 

一般的には低温期と呼ばれる季節になります。下地体温は人によって若干差がありますので一概には言えません。

 

その人の下地体温は定期的に測定して出向く結果わっかて来る。

 

そうして排卵の仕度ができるって排卵の直前に体温が伸びるタイミングがあります。この時期は排卵期でこの時期しか受精は起こりません。

 

避妊したいならばこういう排卵期を避けて性行為を行えば避妊が成功し易いだ。

 

低温期の体温から標準的には、ほとんど0.3〜0.5都度ぐらい上昇するのが一般的です。排卵に伴い黄体ホルモンが分泌され黄体期と呼ばれる季節に入ります。

 

黄体期は低温期について高熱期とも呼ばれます。黄体ホルモンが分泌されているかぎり体温は高熱期の体温が持続し、妊娠するってお産まで基本的には高熱期となります。

 

おめでたしないで月経、つまりメンスが来てしまうと体温はもう一度低温期の体温に下がります。

 

メンスが来たらおめでたはしていないと判断出来ます。

 

もしも避妊に失敗していたらどうなるのでしょう。

 

だいたい黄体期は2ウィーク次元ですので、おめでた医療薬を使わなくても、高熱期が貫く結果おめでたしたかどうかは、ある程度まで推測することが可能です。

 

高熱期が持続しておめでた医療薬も陽性となれば、おめでたの可能性はかなり高くなります。

 

排卵ときの病態

 

排卵期に体の開きを感じる顧客には主に次のような病態があらわれます。

 

一番通じる病態が出血だ。卵胞から卵子が飛び出すら出血が起こる場合があります。メンスよりも短く容量が少ないのが特徴ですが、ひと月にメンスが2回来たという勘違いする顧客もいらっしゃる。

 

次に多い病態が頭の弾性だ。

 

弾性が力強いとブラジャーが少し著しく憶える顧客もいますし、ちょっぴり当たっただけで苦痛を激しく感じる顧客もいらっしゃる。そうしておなかの弾性や苦痛といった病態は、チクチクとした苦痛、または便秘の時のように掛けるという人が多いようです。

 

他には眠気をもらい易くなったり、むくみが気になるなどの病態を感じる顧客もいらっしゃる。こうしてみると、排卵期にはメンス季節というような症状が現れるのが特徴です。

 

このように排卵期の病態や下地体温のグラフからいつ排卵しているか判断する出来る下地体温はとても有効な方法なのです。